IFRS適用レポート


 IFRSの任意適用企業がIFRS移行時の課題をどのように乗り越えたのかなど、金融庁が実態調査等を行い、IFRSへの移行を検討している企業の参考とするためにまとめられたもの。平成26年12月に公表された。IFRSの任意適用を決定した理由としては、予想に反して「比較可能性の向上」よりも「経営管理への寄与」との回答が最も多く、会計基準の選択という財務会計上の対応だけでなく、経営管理の高度化を図るためにIFRSを有効活用することが重要であると認識されている結果が出ている。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「任意適用」⇒218

分類

タイトル
登録日
コラム IASB、日本のIFRS任意適用の増加を評価 2016年 11月 28日
プレミアム会計 収益認識公開草案は平成29年6月までに 2016年 10月 03日
解説記事 改正「修正国際基準(国際会計基準と企業会計基準委員会による修正会計基準によって構成される会計基準)」について 2016年 09月 19日
プレミアム会計 IFRS任意適用企業は121社に 2016年 07月 29日
プレミアム会計 収益認識の単体適用、税法との調整を 2016年 07月 11日
解説記事 平成28年6月第1四半期提出用 四半期報告書作成上の留意点 2016年 07月 11日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」668号(2016.11.28「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2017.2.27 ビジネスメールUP! 2355号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで