主要な資産及び負債の移転


 合併、分割、現物出資によるグループ内再編(50%超100%未満の支配関係における再編に限る)と共同事業を行うための再編において求められる適格要件。資産及び負債が「主要」か否かは、事業を営む上での当該資産及び負債の重要性のほか、当該資産及び負債の種類、規模、事業再編計画の内容等を総合的に勘案して判定される(法基通1−4−8)。例えば、メーカーであれば工場や機械などは主要な資産に該当し、貸金業であれば貸付金や借入金は主要な資産及び負債に該当すると考えられる。



週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「資産及び負債」⇒261

分類

タイトル
登録日
コラム 公共施設等運営権の会計処理は概ね変更なし 2017年 04月 03日
解説記事 公共施設等運営権は無形資産として計上 2016年 12月 26日
プレミアム会計 更新投資の会計処理が明らかに 2016年 12月 05日
解説記事 被合併法人の繰越欠損金の引継ぎ否認金額と合併法人の特定資産譲渡等損失額の関係 2016年 09月 19日
解説記事 平成28年度における法人税関係の改正について(下) 2016年 07月 25日
プレミアム税務 直接交付型の分割型分割も時価譲渡に 2016年 06月 27日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」675号(2017.1.23「今週の専門用語」より転載)

(分類:会計 2017.4.7 ビジネスメールUP! 2371号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで