一般的否認規定


 過大役員報酬等の損金不算入規定など、個別規定に係る否認規定である「個別否認規定」、同族会社の取引や組織再編成など範囲を絞って税負担を不当に減少させる行為や計算を包括的に否認する「包括否認規定」に対し、各税目に横断的に適用される租税回避防止規定であり、ドイツなどで導入されている。日本には存在しないが、国税通則法創設時(昭和37年)に導入が検討されたことがある。BEPS関連の議論ではしばしば「GAAR」の議論が浮上するだけに、将来的に導入される可能性はある。




週刊「T&A master」(ティーアンドエーマスター)の記事はまだまだあります!
最近の記事一覧
概要および購読お申込み
電子書籍版(16,800円+税/年:紙版より3割お得)
サンプル誌の無料送付 (又は 0120-6021-86)
無料立ち読みコーナー (各月公開(1週間の期間限定))

  ※ 記事の無断転用や無断使用はお断りいたします
  ⇒著作権等について

  T&A master 読者限定サイト 検索結果(注:閲覧には読者IDとパスワードが必要になります)ID・パスの取得方法
  キーワード 「一般的否認規定」⇒8

分類

タイトル
登録日
プレミアム税務 TAXプランニングの義務的開示の行方 2017年 04月 10日
解説記事 組織再編成税制における行為計算の否認−ヤフー事件− 2016年 06月 06日
解説記事 検証・IBM裁判〔第3回〕 2014年 08月 11日
解説記事 組織再編税制における行為計算の否認─ヤフー事件─ 2014年 08月 11日
解説記事 航空機リース訴訟、課税庁が上告を断念! 2005年 11月 21日
解説記事 任意組合を利用した航空機リースに係る不動産所得の損益通算と禁止措置 2005年 04月 04日
(以上、最新順)  

 

週刊「T&A master」686号(2017.4.10「今週の専門用語」より転載)

(分類:税務 2017.6.28 ビジネスメールUP! 2404号より )

 

 
過去のニュース、コラムを検索できます
 Copyright(C) LOTUS21.Co.,Ltd. 2000-2017. All rights reserved.
 全ての記事、画像、コンテンツに係る著作権は株式会社ロータス21に帰属します。無断転載、無断引用を禁じます。
 このホームページに関するご意見、お問合せはinfo@lotus21.co.jp まで